あの頃総量規制が導入されていたら

私の友人が、昔、恋人から頼まれて代わりに自分の名義で消費者金融からキャッシングをしてしまった事がありました。

私は反対したのですが、やはり恋は盲目で止められなかったのです。

確か、彼女は派遣社員で年収なんて本当に少ないものだったのですが、なんと100万円借りて渡してしまったのです。

でも今の時代は総量規制といって年収の三分の一までしか貸付してはいけないと決まっています。

あの頃はまだ総量規制が導入されてなかったので、100万円もの大金を派遣で年収も少ない彼女でも借りることが出来てしまったのです。

もちろん、お金は恋人が持っていって返してくれることはなく、何年も彼女は返済に追われて大変そうでした。

あの頃、総量規制されていたらまだ少しは彼女の返済が楽だったのではないかという気持ちになってしまうのです。

総量規制について説明させて頂きます。

キャッシング等を契約してみようかなと思っている方の中には、総量規制という言葉は聞いたことがあっても、内容は良く分からない、という方も

おられのではないでしょうか?これは消費者金融系の会社に適用されている法律で、年収の3分の1を超える貸付をしてはならないというものです。

例えば年収300万円なら100万円までが、貸付限度額となります。限度額内で十分足りる方は、それで良いのですが中には足りない方もおられる

でしょう。しかし、安心して下さい。総量規制の適用を受けないキャッシングがあります。銀行系のキャッシングは総量規制対象外なのです。ですので、

年収の3分の1が足かせになっている方でも大丈夫です。なお、銀行系の方が利息も低い場合が多く、大いに検討する価値があると思います。