口座開設が必要なカードローンには今後注意が必要かも!

銀行カードローンには、契約時に銀行口座が必要なものと、不要なものがあります。

しかし、申し込み時は口座を開設していなくても、契約する際に同時に開設する必要があるケースは少なくはありません。

そして、現在検討されている銀行口座の維持手数料が今後負担となる可能性が高くなります。

既にメインバンクとして利用している銀行口座以外に口座が増えてしまうため、利息や手数料以外で費用が発生する可能性があります。

そのため、カードローンで銀行口座の開設が必要なものは避ける、もしくはメインバンクを切り替えるといった対策が重要になります。

カードローンを利用しない場合、現在は諸手数料が掛からないものの、契約していて利用はほとんどしないという場合には、デメリットとなってしまいます。

そのため、不必要なカードローン契約を避けておくことが重要になります。