銀行カードローンはおまとめローンよりも利用しやすい

複数の金融業者から借入があると、毎月返済日が複数回あるために管理が難しく、つい数日間の延滞をしてしまいがちです。毎回返済に追われている感じがして、心持ちが不安になるので、おまとめローンの誘いは魅力的に映るでしょう。しかし、信販会社や消費者金融が行っているおまとめローンは、総量規制の例外規定とされているものの、おまとめローンへの借り換えを行った後は、他の借入が出来ない状態が続きます。

余程の余裕があれば問題ないでしょうが、複数の金融業者からの借入がある段階でさほど余裕があるとは考えにくく、銀行カードローンを利用して借り換えた方がお得となるケースが珍しくありません。銀行カードローンならば、与信力次第で利用限度額を大きく設定してもらえるので、他社からの借入を借り換える目的と申告した上で申し込めば、しっかりと審査してもらえるでしょう。結果的に審査に通らなければ、今まで通り返済を続けて行けば良いだけですから、リスクが少ないです。

銀行カードローンを使って借入を1本化出来れば、金利が元々信販会社や消費者金融よりも低く設定されている上に、借入額がまとまることで利息制限法で定められた上限金利の影響で、更に低金利な借り換えが可能となります。銀行カードローンならば、返済中に追加借入が必要になったとしても、利用限度額の範囲内ならば借入と返済を繰り返すことが可能です。

借入件数が多い方におすすめなおまとめローン

急なお金が必要な時には、銀行や消費者金融会社から借入れを行うことができます。

現在は、店舗やATMのみならず、インターネットを利用して口座に入金する方法もありますから、気軽に利用できるようになりましたね。
気軽で便利なキャッシングですが、借入件数が多くなってくると、会社によって返済日が違ったり、利率が違ったりして、手続きが面倒になってしまうこともあります。

そんな時に役立つのが、おまとめローンと呼ばれるサービスです。これは文字通り、複数社から借り入れたローンの借り換えを行い、たった一社にまとめることで、金利と返済日を統一することができ、お金の管理が簡単になります。

たとえば、A社から20%で10万円、B社から18%で50万円、C社から15%で200万円の借入れを行っているとすると、金利の計算や返済日の確認がとても面倒ですね。
これをD社のおまとめローンに一本化することで、15%で260万円という、把握しやすい数字にまとめることができます。

また、元々2年で返済する予定だった借入れを4年に伸ばすというように、返済期限を伸ばすこともできますから、単にローンを束ねるだけではなく、返済計画の全般的な見直しに非常に役立つサービスであると言えます。

そんなおまとめローンですが、現在の日本では、消費者金融会社、大手都市銀行、地方銀行など、多種多様な会社が提供しており、サービス内容も異なります。
金利や借入れ可能金額など、会社によってメリットがありますから、ぜひ比較検討してください。

おまとめローンを申し込む前に注意したいこととは?

現在、消費者金融を利用する人は増えています。なぜでしょうか。多くの人が消費者金融を利用する理由は生活費を補填するためということのようです。また、以前よりも消費者金融がより手軽に利用できる状況が整ったことも利用者が増えている要因ともいえます。とはいえ、その一方で問題となっているのが多重債務です。多重債務で悩む人が増えています。では、どうすれば多重債務を解決することができるのでしょうか。

多重債務で苦しんでいる人が利用しているのがおまとめローンです。最近ではニュースなどでもよく目にするフレーズかもしれません。では、そもそもおまとめローンとはいったいどのようなものでしょうか。簡単に記すと、複数の消費者金融から借り入れしている借金を1社にまとめるということです。では、おまとめローンを利用することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず挙げることができるメリットは、低い金利で借り換えができるということです。一般的に借り入れ金額が小額の場合には金利は高く設定されます。逆に、借り入れ金額が多ければ金利は低く設定されるのです。そこで、1社にまとめることによって低い金利で借り入れができ、返済も楽になります。また他に挙げることができるメリットは、1社にまとめることによって返済計画、管理が行いやすいということです。複数の会社から借り入れしていると、返済日もまちまちですし、さらには返済計画も立てにくいものです。1社にすることによって、こうした問題を解消することができます。

とはいえ、注意したいのはおまとめローンを利用しても借金の元本は減らないということです。あくまで金利が低く設定できた場合、返済の際、金利分がお得になりますが、金利が低く設定されなかった場合にはお得感はありません。そこで、おまとめローンを利用する場合に金利がいくらになるのかをきちんと確認してから申し込むことが重要です。まずは金利を確認しましょう。